一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
2006年 03月 16日 ( 1 )
多分、終戦。
WBC予選2次リーグ、運命の最終戦。日本は韓国に惜敗(韓 2-1 日)。
残念だけど、これが現実なんやな…。

日本投手陣は、渡辺俊の6回1安打零封を筆頭に、よく頑張ってくれた。
WBC4試合連続弾のイ・スンヨプを始め、勢いに乗る韓国打線を2失点に
抑えたのは、十分な合格ライン。
悔やまれるのは、打撃陣…。試合序盤は再三得点圏にランナーを進めるも、
あと一本が遠かった。1次リーグの好捕に続いて、またもイ・ジンヨンの
好返球にも阻まれたりして、結局は9回の西岡のソロ本塁打の1点のみ。

結局、韓国に勝てなかった。大会前から「アジアでは日本の実力が突出」と
言われていただけに、心の片隅にわずかながら慢心があったのかもしれない。
しかし韓国チームは、メジャーリーガーも大挙集結したスーパースター軍団。
おまけに国民のバックボーンに加え、イチローの「30年発言」で更に増した
日本には絶対に負けたくないという強い思い、更に兵役免除の「人参」も
効いたようで、韓国全体のWBCに臨む気迫の方が勝っていたんだろうな。

続きを読む…
[PR]
by fallgoat | 2006-03-16 20:48 | プロ野球:一般