一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
カテゴリ:見たモノ( 67 )
PRIDE.31
ついさっきまで、H君が我が家を訪れていた。
格闘技ファンのH君のリクエストで、講義が終わった夕方から一緒に、
総合格闘技「PRIDE.31」を見るために。
地上波では今週末の土曜日に放送される予定だが、スカパー!では、
生中継でやっていた。契約以来初のPPV(ペイ・パー・ビュー)。
おまけにチューナーと電話回線を接続していない(できない…)ため、
カスタマーセンターに電話で依頼したこともあり、ちゃんと映るのか
若干不安だったけど、問題無く見れてよかった。^^

このイベントは、さいたまスーパーアリーナでやっていたので、
H君は行こうと思えば行けたが、そこまで魅力的なカードが
組まれていないということで、我が家でテレビ観戦することに。
だけど、実際の内容は、H君も予想外の見応えがある試合が多かった。
結果は順当であっても、予想以上に健闘した選手達にあっぱれ!
それにしても、ひじが逆に曲がった(じん帯断裂か?)某選手や
肩を脱臼した某選手の姿は見ていて、実に痛々しかった。
(地上波を楽しみにしている人のため、あえて名前は伏せときます)
頂点に君臨する格闘家達の真剣勝負。こういうアクシデントはあって
しょうがないとは思うけど、この悲惨な映像、夢に出てきそう…。;o;

総合格闘技、昨年の大晦日も見たけど、こうやって詳しいH君と
一緒に見ると、いろいろ細かな解説が聞けて、面白さも広がるわ。
次は5月5日だったっけ。また我が家で見ることになるのかな。
美味しいお菓子でも用意して、お待ちしましょう。

そういえば、H君の左手薬指に初めてキラリと光るリングを発見。
改めまして、H君、結婚おめでとう!^o^
[PR]
by fallgoat | 2006-02-26 23:51 | 見たモノ
苦難を乗り越えて
カーリング予選敗退を受け、一度は終了宣言をした「トリノブログ」だが、
アンコールにお応えして(?)、もう一回。

女子フィギュアスケート、荒川静香が日本人初の金メダル。おめでとう!
多くの難技を決めながらも、安定感のある美しい演技は、実に見事だった。
開幕前の連日のフィギュア報道に、ひねくれ者の俺は食傷気味だったが、
これだけの結果を残してくれたことに対しては、素直に感動した。
昼休みにネットで各社の記事を読むだけで、ウルウル(泣き虫やなぁ^^;)。
表彰式で、解説の佐藤有香さんが語った「様々な苦難が直面しながらも、
乗り越えて、今まで続けてきてよかった」の旨の言葉が印象に残った。

荒川は長野で五輪デビューを果たすも、前回のソルトレークでは代表落ち。
一昨年は世界選手権を制するも、その翌年は惨敗と、波乱万丈の競技人生。
元来、競争や目立つことが嫌いな性格らしい。でも、昨年の世界選手権の
惨敗で、彼女の中に芽生えた気持ちがあったとのこと。
 …このままじゃ終われない…
その後、更なる鍛錬を積むも15歳の浅田真央に敗れ、自信が大きく揺らぐ。
 …何かを変えなければ…
そして、彼女は今までの「流れに任せた競技人生」を捨て、自分の意思で
コーチを変え、曲目を変え、この集大成の大会に臨んだらしい。
(上記、朝日新聞の記事を元に記載)

ん、どこかで書いたようなフレーズが並んでいるな…。
彼女の快挙は、今の自分に不安や疑問を抱く人達や、前に進みたいけれど、
あと一歩が踏み出せない人達に、大きな力を与えてくれたんじゃないかな。
自分の道は自分で切り拓くしかない。多少の苦難で諦めずに、前へ進もう!

メダルには届かずも、村主の4位も立派。ケガに耐えて、よく頑張ったよ。
そして、ミキティ(15位)。4回転の失敗はしょうがないか…。
思えば、開幕前の話題の中心は彼女だった。彼女の一挙一動をマスコミが
追う日々が続いていた。もちろん体調が万全では無かったせいもあるけど、
下馬評は決して高いものでは無かった。それでも、彼女のアイドル性が
マスコミや広告業界を放ってはおかなかった。この数ヶ月、CMで彼女を
見ない日は無いのでは?(荒川の単独出演CMは「金芽米」ぐらい…)

解説の佐藤有香さんが、ミキティに対してこう言っていた。
「オリンピックで、彼女の2~3倍も練習する選手達を目の当たりにして、
刺激を受けてくれたら…」当然、彼女も日々練習はしていると思うけど、
まだ18歳。周囲の持ち上げ方に、自分を見失う場面があったのでは…?
マスコミも少しはそっとしてやろうよ。そして、揺るぎない実力が付いた時、
再び大きく報道すればいいじゃないの。もちろん、浅田真央に対しても!
[PR]
by fallgoat | 2006-02-24 20:40 | 見たモノ
感動をありがとう
カーリング娘の熱い冬が終わった。
その前のイタリア戦、カナダ戦からの3試合と比べたら調子が落ち気味で、
最下位チームを相手に苦戦していたこともあって、若干不安だったけど、
案の定、強豪・スイス相手には完敗。結局4勝5敗の7位で日程を終えた。

準決勝に進めなかった結果には非常に残念だったけど、彼女達は本当に
よく頑張った。前半の不調、崖っぷちからここまで盛り返したんだから。
カナダ戦からの試合、感動の連続だった。心から健闘を称えたい。
そして、日本国民にカーリングという競技の奥深さ、面白さを十二分に
伝えてくれたことに、一番感謝しなきゃな。俺がこのトリノオリンピックで、
野球以外でこんなに盛り上がれる競技に出会うなんて思いもしなかった。
この冬、楽しませてもらったよ。ありがとう、カーリング娘!
そして、この競技を延々と放送してくれたBS1にも、ありがとう!

報道によると、スキップ・小野寺、彼女と苦楽を共にした林の両選手は、
このトリノを最後に競技から離れるんだとか。もったいないなぁ。
これも、カーリングに対する周囲からの支援が少ないせいみたい。
でも、今回の彼女達の健闘で、周囲の環境も一変するかも。
4年後のバンクーバーでも、一回り成長した彼女達を見てみたいなぁ…。

さて、これで俺にとってのトリノオリンピックは終わったも同然。^^;
今まで「トリノブログ(?)」を、ご愛読ありがとうございました。
これからは、今度こそは勉強に打ち込むぞぉー!
[PR]
by fallgoat | 2006-02-21 19:02 | 見たモノ
異例のハマりぶり
サッカーW杯・日本代表の活躍にもあまり関心が無かった俺にとって、
今回の「日本代表」に対する思いは、極めて異例。
試合中継の画面にのめりこんで、1プレーごとに一喜一憂している。

カーリング女子予選「日本対イタリア」。カーリング娘、よくやったー!
同点で迎えた最終エンドで先攻となると、ものすごく苦しい展開。
おまけに、不振だったイタリアが地元開催最終戦を飾ろうと奮起したか、
この試合は好調をキープしている。大丈夫か…?
ドキドキして見守っていたけど、スキップ小野寺が完璧な最終ショット!
これがプレッシャーを誘ったか、絶好調だったイタリアのスキップの
最終ショットはわずかに日本のナンバー1ストーンに届かず、
日本、見事な4勝目(4敗)!\(^o^)/
激闘を終えた選手達を見ていると、不覚にもちょっとウルッと来たよ…。

昨夜も結局、イギリス戦を最後まで観てしまった。^^;
前回のソルトレーク五輪の覇者・イギリスを第9エンドでギブアップ
させてくれたおかげで、4時間半程度の睡眠はキープできたけど。
それほどまで、すっかりカーリングにハマってしまったわぁ。
こんなにも奥深くて、スリリングで、面白い競技だとは知らなかった。
ホントに「日本プロカーリングリーグ(Cリーグ?)」作りませんかぁ?

さぁ、この勢いで、現在6勝2敗の強豪・スイスにどう立ち向かうか。
まだ準決勝進出、そして日本初のメダル獲得も夢じゃない。
さすがに早朝4時からだと、生中継では観れないと思うけど、
朝起きて、吉報が聞けたらいいな。いっそのこと、早起きして観るか?
こうなったら、このまま世界を獲っちゃえ!頑張れ、カーリング娘!
[PR]
by fallgoat | 2006-02-20 20:57 | 見たモノ
タナボタ!
トリノオリンピック、今日は「女子・スノーボードクロス」に注目。
先週のスキー場で知ってから、急に気になり出したこの競技。
地元のあの盛り上がりを見たら、応援せざるを得ないでしょう。
思いは地元・長和町と同じ。頑張れ、由香ちゃん!o(^_^)o

結果は、予選を15位で突破し、決勝トーナメントで見事な7位!
準々決勝のタナボタにはビックリしたけど、勝負の神様に感謝。^^
準決勝ではさすがに地力の差を見せ付けられ、5~7位決定戦も
チャンスを生かせず、本人は無念だったろうけど、大健闘じゃない?
(日本のレベルがまだまだなのも初めて知ったけど…)
地元の大歓声が聞こえてきそう。胸を張って帰れるだろうな。

それにしても、スゴイ種目やわ…。スノーボードクロスって。
昨日の男子決勝も大激戦だったが、今日の女子決勝は輪を掛けて
衝撃的だった。首位を独走していたジャコベリス(アメリカ)が、
ゴール直前でファンサービスのエアーを見せようとして転倒。
それまで2位に甘んじていたフリーデン(スイス)が脇からスーッと
交わして、そのままゴール。これが現代版「ウサギとカメ」なのか?

互いの駆け引きやもつれ具合で何が起こるかわからないこの競技。
前回のソルトレーク五輪では、ショートトラック男子1000m決勝で
1~3位選手がゴール直前で全員転倒し、最下位を独走していた
オーストラリア選手が金メダルを獲るタナボタ劇があったが、
この競技はそんな要素が何倍もあるような気がする。
これが面白いと見るか、本当の実力を反映していないと見るか…。

でも、今回大きな注目を集めたこの競技は人気を集めるだろうな。
これをやってみようと思う人も少なくないと思うが、くれぐれも
子供達もいるような普通のゲレンデでやろうなんてアホな行為は
やめてくれよ…。
[PR]
by fallgoat | 2006-02-17 23:41 | 見たモノ
勇気をありがとう
俺がトリノオリンピックで一番注目していた選手は、岡崎朋美。
以前書いたように「30歳代半ばの星」として、期待し、応援していた。

スピードスケート女子500mに臨んだ彼女、最後まで期待をつないだが、
結果はメダルまであと一歩の4位。3位選手まで0.05秒差の惜敗だった。
本番直前に体調を崩しさえしなければ…、同組の韓国選手の滑りに
焦って惑わされなければ…、悔いは多分に残っているようだけど、
34歳の今も成長を続け、世界のトップと堂々渡り合う姿は立派だった。
先日のインタビュー通り、我々同世代は大きな勇気をもらったと思う。

そう、俺達はまだまだこれから!

きっと、次のオリンピックでも「朋美スマイル」が見られるだろうな。
[PR]
by fallgoat | 2006-02-15 21:35 | 見たモノ
奥深き競技
今日のトリノオリンピック、BS1ではカーリングをやっていた。
女子予選・日本対ロシア戦、残念ながら、結果は日本の惜敗に終わった。

おそらく4年ぶり(ソルトレーク以来)にカーリングというスポーツを
真剣に見たような気がするけど、なかなか面白い奥深い競技だわ。
俺が興味を惹かれる理由は、野球に通じる要素がいくつかあることかも。

まず、このスコアシート。

 ロシア 1 0 0 0 0 1 2 0 0 3 = 7
 日 本 0 0 1 1 2 0 0 1 0 0 = 5

まるで野球そのもの(1イニング多いし、表裏という概念じゃないが)。
そして、一投一投ごとの息詰まる駆け引き、「次はどう攻めるか…」と
ファンも一緒になって考えさせられるような「間」。
野球好きならば、カーリング好きになる確率は高いんじゃないかな?

この中継を観ていると、緻密な勝負に配慮してか、単純に閑古鳥なのか、
とにかく静かな試合会場で、チーム一人一人の声がよく聞き取れた。
作戦を話し合う声やら、スウィープ(ブラシ掃き)を指示する声やら。
テレビの画面を通して、選手達の鼓動や息遣いまで聞こえてきそう。
この点では、(プロ)野球とは異なるな。

その昔、客がガラガラだったパ・リーグの試合では、そんな声やヤジが
聞こえてきたらしいけど、今はありがたいことに、どの試合もそこそこ
お客さんが入って、数多くのファンが大きな声で応援している。
もちろん、そのことは選手達の大きな支えになっているだろうけど、
ファンとしては、選手の声の掛け合いとかが聞こえる試合なんてのも、
たまには観てみたい。ミットを揺らす音を外野席でも聞いてみたいなぁ。
[PR]
by fallgoat | 2006-02-14 21:51 | 見たモノ
気になるアイツ
最近気になるCM。

c0012041_2124252.jpg
auのLISMOのCM。このリス君も宇多田ヒカルの曲も印象深い。
でも、見るからに…、

c0012041_21243526.jpg
このイラストの製品を強烈に意識しているようだけど。
果たして、この製品のような一大ブームは築けるのだろうか…?
音楽プレーヤー携帯って、我がボーダフォンが先に投入しているけど、
イマイチ売れてる感じはしない。ボーダフォンだからかなぁ?;_;

auはこの春商戦で、LISMO対応機種を一気に7機種投入するとのこと。
確かに、普段携帯電話と携帯音楽プレーヤーを持ち歩く人ならば、
一緒になるに越したことは無い。
あと、気になるのは音質だったり、充電池の寿命だったりするけど、
新し物好きとしては、一度触って体験してみたいな。
「ワンセグ対応携帯」もこれから続々と出るようだし、
「ナンバーポータビリティ制度」を睨んで、検討の余地ありかも?
[PR]
by fallgoat | 2006-01-24 21:25 | 見たモノ
苦労人
今朝の「めざましテレビ」で、グラビアアイドル・ほしのあきの特集を
やっていた。彼女は27歳。10代後半から20代前半が大半のグラビア界では、
異色の存在(最近23歳でグラビアを引退して、結婚した人もいたっけ…)。
それでも多くの支持を集めて、トップクラスの人気を維持し続けている。

彼女が20代前半の頃はモデルをやっていたらしいが、売れない日々が続き、
24歳の時に一念発起してグラビア界への転向を決意。
グラビア雑誌の出版社に片っ端から電話し、何度も訪問を繰り返した結果、
少しずつ使われるようになり、そこから、現在の地位を確保したらしい。
この不遇の時期、彼女を支えたものは「意地」だったと言う。
詳しい話は聞けなかったが、おそらく周りの若い子が売れるのを見ていて、
このままじゃいけない、自分はこんな所で終わるような女じゃない、
そんな気持ちが彼女を奮い立たせたのかもしれない。

俺(を含めた日本人一般?)は、こんな苦難や挫折を乗り越えた苦労人を
応援する傾向がある。昨日は朝青龍の8連覇を、大関・栃東が阻んだ。
彼も優勝から遠ざかっていた時期は、度重なるケガで2度の大関陥落を
経験した。それでもめげずに土俵に食らい付いて、やっと手にした栄冠。
朝青龍が万全ではなかったとは言え、こういう力士の活躍は嬉しい。
ハードルは高いと思うが、一気に横綱に駆け上がることが出来るだろうか。

プロ野球界に目を転じると、ホークスではやはり宮地だろう。
彼はライオンズを自由契約になり、テストを経てホークスへ入団した。
そして移籍2年目の昨季には、プロ入り16年目で初の規定打席に到達し、
打率も3割をマークした(リーグ5位)。
楽天では山崎に注目していた。かつての本塁打王。彼は振り分けられて
楽天に来たのではなく、オリックスを自由契約後に、楽天が獲得した。
そして移籍1年目の昨季後半には、4番に座り、長打力に乏しいチームで
一際光る25本の本塁打を放ち、十分にその存在感を見せてくれた。

今季なら、ホークスだと芝草、ライオンズだと江藤かな。
一度泥水を飲まされた選手達、今季は大暴れして古巣を見返してやるんや!
男の「意地」を見せたれー!今年も俺は、そんな皆さんを応援します。
[PR]
by fallgoat | 2006-01-23 20:05 | 見たモノ
祝・ご結婚
ウッチー(フジテレビ・内田恭子アナ)婚約&退社かぁ。
今頃、ショックでヤケ酒を煽っているファンもいるのかなぁ…?
フジテレビ首脳も、看板アナの退社はショックなんだろうけどねぇ。
株価下がるかも?ま、俺にはどうでもいい話やけどね。

結婚つながりで…。昨日机の上を整理していたら1枚のCDーRを発掘。
それは、昨年5月に結婚した友人Y君の結婚式&披露宴&新婚旅行の
様子を収めた写真集CDだった。そういえば、昨年7月の友人IH君の
披露宴の際に、出席していたY君から直々に貰っていたっけ。
しまった。あれから半年、全然見てなかったわ…。Y君ゴメン。^^;

で、今日初めて見てみた。おぉ、いきなりY君がメイクしている写真。
舞台裏から披露宴の一幕一幕まで鮮明に撮ってある。
式&披露宴はさすがプロが撮っただけあり、1枚1枚鮮やかでクッキリ。
しかし、当たり前やけど、こうもツーショットを見せ付けられたら、
見ている俺が照れるわぁ。いやはや、お熱いこと。これも当然やけどね。

新婚旅行のメキシコの写真はなかなか圧巻。遺跡巡りをしたらしいが、
青空の下、ピラミッドが映える。こういう所に行くのもいいなぁ。
俺もメキシコには1時間半だけ滞在した(と言うの?)ことがあるけど、
土産物屋巡りだけだった(それでも、強烈なインパクトはあったが)。
あー、またアメリカ大陸に行きたい。今年は無理だから、来年は行くぞ!

それにしても、披露宴の記念にこういうのを作るって、流行りなのかな。
今後続くであろう結婚ラッシュ。他の友人はどんな物をくれるのかなぁ?
俺は…、そんな余計なことなんか考えなくてもいいもんねー♪

はぁー、ヤケ酒飲むか…。
[PR]
by fallgoat | 2006-01-10 21:31 | 見たモノ