一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
静電気の季節…なのか?
結局、11月は一度も更新しなかった…。--;
ここで「電子機器」の悲喜交々があった11月を振り返っておこう。

11月7日、携帯電話の機種変更を行った。壊れたわけじゃない。
理由は「新し物好き」の俺としては、vodafoneという「旧ブランド」の
機種を一日も早く手放したかったため。^^;
ま、前回の機種(V601SH)変更から2年9ヶ月経っていたし。
MNPも考えたが、両親とも俺の勧めでSoftBankにした手前、俺だけ
裏切るわけにいかず、また料金も他社より安く済みそうだったから、
SoftBank残留を決意。新しい機種は、811SH(バイオレット)にした。
VGA液晶はキレイだけど、それ以外に突出した特徴はありません。
でも、一通りの機能は平均点以上に揃っているから、いい機種かな。
そもそも「色」で選んだしね…。
(単に、我が初代携帯と同じ珍しい色だったから)

で、同じ日に、旧機種から新機種へSDカード経由で着メロを移そうと、
PCのカードスロットにSDカードを挿した瞬間…「!!!」
PCの電源が落ちて、二度と立ち上がらなくなってしまった。;o;
この現象、実は2年半前に全く同じように発生していて、その後は
注意していたつもりだったが、また起きてしまった…。
また、運が悪いことに延長料金を払って3年間保障に入ってたのに、
今回壊れたのが、購入後3年5ヶ月目…。
もうこのまま捨てるという選択肢もあったが、中にあるデータの方が
惜しかったので、高額な修理費を覚悟の上、修理に出すことにした。
(ちなみに我がPCは、EPSON Directの省スペース型デスクトップ)

PCを修理に出している間、4年半前に買ってしばらくは使っていたが、
最近は「控え」に甘んじていたiBook(16VRAM)に久々の出番が訪れた。
久々の出番に最初は張り切っていた(?)iBookだったが、数日後、
スタンバイから復活しなくなり、その後電源まで入らなくなる始末…。
それから何度か立ち上がるが、しばらくして切れるという現象が続き、
PCの復活後(修理費32,025円)、あえなく「引退」させることに。ToT

そして、またいつ壊れるか知れぬ不安定な状態や、Windows Vista等を
睨んだ場合の非力さが、我がPCの懸念として浮上し、またごく近い人に
現在のPCを譲渡する計画が持ち上がったため、急遽、新PC購入を決断。
11月25日に秋葉原のソフマップで、GatewayのノートPCを購入した。
しかし、帰って本体を見ると、液晶画面に引っかいたような傷を発見。
わずか4日後に初期不良扱いで、交換の憂き目に遭ったのでした…。

ここしばらくPC関連の話なんて何の関心も無かったけど、この1ヶ月で
いろいろ考えさせられたなぁ。一番の教訓は、やっぱりバックアップは
こまめに取るべきってことかな?ホント、突然死は怖いよ…。
あと、Windows Vistaってどーなの?今回買ったPCはアップグレードが
無料で出来るけど、入れることでどんなメリットがあるのやら。
[PR]
by fallgoat | 2006-12-04 18:47 | 体験したコト


<< 友、旅立つ 落葉の季節 >>