一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
2006年、終戦。
【プレーオフ第2ステージ】 日 1x-0 ソ(日本ハム2勝)

今年も、悲願は果たせなかった。

昨季まで1位のホークスが勝つことが出来なかったプレーオフ。
地元の大声援をプレッシャーではなく、大きな力にして戦い、
勝ち抜いたファイターズとの力の差は認めざるを得ないだろう。

今季のホークスは、シーズンを通して厳しい戦いを強いられた。
この状態で最後まで激しい首位争いを繰り広げられたこと、
そして、第1ステージを突破できたことは、誇れる事実だと思う。

今季の悔しさは、また来季の歓喜のための「糧」になるはず。
死力を尽くして、ボロボロになるまで戦い抜いた選手達に、
今は、心から「お疲れさま、そしてありがとう」を言いたい。

まずは、ゆっくり休んで欲しい。
[PR]
by fallgoat | 2006-10-12 21:36 | プロ野球:ホークス


<< 金返せぇー! ファイターズ讃歌 >>