一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
焦らず、気長に
ソフトバンク王監督が手術、胃を摘出
 ソフトバンクの王貞治監督(66)は17日、東京都新宿区の慶応大病院で胃に見つかった腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受け、無事終了した。球団広報部が発表した。腹腔(ふくくう)鏡により、胃をすべて摘出したという。
 手術の詳細や今後の治療方針、見通しについては18日、慶大医学部外科の北島政樹教授および消化器外科チームが記者会見する予定。(共同通信)
---
無事に済んで良かったとは思うけど、まさか「胃をすべて摘出」とは。
詳細は明日(18日)に明らかになるみたいだし、医学には疎いけれど、
この字面を見た限りでは、想像以上の症状だったようだな…。

王監督に一日も早く復帰して欲しいという気持ちには変わらないけれど、
この病状、そして66歳という年齢を考えると、とても無理は言えないかな…。

王監督、どうか焦らずじっくり治療に専念して、万全になった状態で、
我々に元気な姿を見せて下さい。ユニフォーム姿を見たいとは思うけど、
贅沢は言いません。まずはその笑顔だけでも見せて下さい。
ホークスファン、野球ファン、いや、全国民はその日を待っています。
[PR]
by fallgoat | 2006-07-17 23:18 | プロ野球:ホークス


<< やるべし! 快気祝いに向けて… >>