一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
野球ファン冥利
勝ったぁー!勝ったぞぉー!^o^

WBC準決勝、日本-韓国。予選2試合で苦杯をなめ続けさせられていた
唯一の全勝国・韓国に3度目の正直(日 6-0 韓)。
ミラクル王ジャパンが、ついに決勝戦進出を果たした。

この試合、俺は残念ながら学校でお勉強中だったため、鷹仲間にメールで
逐次報告をもらうという方法で、試合を見守っていた。その文中からも、
試合の興奮が十分伝わって来て、休み時間に一人顔をほころばせていた。
ありがとう、Kさん。^^

試合の模様は、帰って来てから、録画でハイライトシーンを見たけど、
福留の先制代打2ランの時の日本ベンチの喜びよう、見ていて熱くなった。
先発・上原(7回3安打無失点)、文句無しの完璧なピッチングだった。
4回裏、多村のフェンスを恐れぬスーパーキャッチ、実に素晴らしかった。
この試合にかける思いと集中力が、TV画面を通じてビンビン伝わって来た。
そして、韓国の目の敵にされていたイチロー(3安打1打点2盗塁)も、
その並々ならぬ気迫で、ついに韓国の雑言を封じることが出来た。
…枚挙しているとキリが無いや。とにかく日本チーム、素晴らしかった!

NHKの7時のニュースでは、トップニュースで「日本決勝進出」を伝えた。
日本国内各所で、この快挙を喜ぶ人達の姿を見ることが出来た。
んー、本当に「野球」というスポーツで、日本中が一つになっているなんて。
野球ファン冥利に尽きるなぁ…。ホント、野球を見守り続けてよかったよ。;o;

それにしても、韓国チームもよくやった。
この試合もイ・ジンヨンが好プレーを見せたのを始め、鉄壁の守備陣は
WBC大会を通じてエラーゼロ。投手陣もこの試合の6回まで完璧だった。
確実に日本のレベルに近付きつつある。うかうかしてられんぞ、ジャパン。
…なんて書いてて、対戦成績は1勝2敗で日本は負け越しなんやけど。^^;
これで日本が勝ち上がるなんてのも、ちょっと韓国に悪い気もするなぁ。
あ、いやいや、ここ一番で勝ってこそ、真の王者やもんね。
韓国選手のためにも、アジアの代表としても、決勝戦は堂々と戦わなきゃ。

さぁ、ついに明後日(日本時間)は決勝戦。「野球の国」キューバとの対戦。
このカードは熱望していた。やはりキューバという国の存在は偉大。
このチームに勝ってこそ、真の「世界一」の実感が湧くような気がする。
明後日が楽しみ!でも、俺は見れない…。講義、サボろうかなぁ…?--;
[PR]
by fallgoat | 2006-03-19 21:36 | プロ野球:一般


<< 頂上は目の前 頑張れ、ボーダフォン!(完結編) >>