一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
ノムさん節、再び
週末の街に出掛けたら、必ずと言っていいほど、本屋に立ち寄る。
ほとんどの場合、買うことは無く、雑誌を立ち読みしたり、新刊本を
ザッと眺めたりして、「ふーん、今はこんなのが流行ってるんやー」と
感じながら過ごす。

最近は、特に本を買わないようにしている。
本を読む暇があるなら、教材を読め!と自分に言い聞かせて、我慢…。
でも、今はちょっとスランプ気味だし、教材を読むだけじゃストレスが
溜まる一方かな…と自分に言い逃れをして、今日は一冊購入。

  巨人軍論 ― 組織とは、人間とは、伝統とは (野村克也・著)

以前「野村ノート」を買おうか迷ってやめたけど、この本は新書だから
気軽に読めるかな、と思って購入してみた。
まだ序盤しか読んでいないけど、他球団の監督が語る「巨人軍論」って、
どんなんやろ。とりあえず「完走」目指して、勉強の合間に読もう。

今日からいよいよオープン戦が開幕(和巳2回3失点、大丈夫か?)。
昨日からはWBC日本代表チームの壮行試合も行われている
(今日の試合、代表選手から漏れた12球団選抜に負けるとはねぇ…)。
NHKの7時のニュースでは、オープン戦の話題として、
野村新監督率いる楽天(対ロッテ)のゲームを取り上げていた。
「野村監督は『初回に5失点は無いやろ』とボヤキは健在でした」
だそうで…。「ボヤキ」がトレードマークなんて、ノムさんだけやろなぁ。^^
久々のパ・リーグ復帰。ホークス戦では、どんなボヤキが聞けるかな。
惜しむらくは、仰木さんとの「70歳代対決」が見れなかったこと。
この2人の手の内の探り合いは、面白かったろうなぁ…。
[PR]
by fallgoat | 2006-02-26 00:05 | プロ野球:一般


<< PRIDE.31 苦難を乗り越えて >>