一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
超大型契約!
ソフトバンク松中、日本人最長の7年契約=FA封印し、生涯ホークスへ
 ソフトバンクの松中信彦内野手(32)が27日、福岡市内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、2012年までの7年契約で合意した。
 条件面は、09年までの4年間は年俸5億円に加え、増額も減額もある出来高払い。10年以降は契約解除も含め、条件を見直す。7年契約は三浦大輔投手(横浜)の6年を超え、日本人選手最長の大型契約となった。(時事通信)
---
な、7年っ!メジャーでは聞き慣れた数字だけど、日本の球界でこんな
大型契約が実現するとは。それも我らがホークスの主砲・松中に対する
契約だなんて、実に嬉しい限り。
球団も思い切った決断をしたもんやなぁ。39歳まで続く長期契約なんて、
メジャーでもそんなに無いのでは?ホント、太っ腹やねぇ。
さすがは孫さん。つくづくいい会社が引き受けてくれたもんやねぇ。
つくづくあの時、あの容疑者が触手を伸ばさなくてよかった…。

見直し条項があるとは言え、7年後まで信彦が福岡にいると言うことは、
俺の勝手な計画では、俺が九州に帰るまで待っていてくれるんやな。
その時、ホークスはどんなチームになってるんやろなぁ。
王GM(専任)、秋山監督の下、松田や江川や荒川らがクリーンアップを
占めようとする中、負けじと大ベテランの貫禄漂う松中が4番を守ろうと
更に肉体に磨きをかけ、これに前年マリナーズで40発を放ちながらも、
「地元愛」で帰って来た城島が加わり、荒川とポジションを争う…。
そんな夢のようなチームになっているかも。^^

よーし、俺もこんなチームを間近で観るために、頑張るぞぉー!
[PR]
by fallgoat | 2006-01-27 20:32 | プロ野球:ホークス


<< スタンドライト ボヤキ復活 >>