一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
이승엽!
ロッテ李が電撃退団、自由契約に
 ロッテが李承ヨプ内野手(29)を自由契約選手とし、13日、コミッショナー事務局から公示された。李は今後は国外を含めて、他球団との交渉が可能になる。
 李は2年契約が終了。ロッテと李は残留交渉を続けていた。李の代理人・水戸弁護士は「ロッテの提示は現状維持。貢献に対する評価は数字上は変わらず、首を傾げている状況」と残留交渉が不調に終わったことを明かした。(日刊スポーツ)
---
ありゃりゃ、李までも退団することになったのか。
オフに入って、話題になったマリーンズの助っ人3人の契約更新問題、
フランコは残ったものの、セラフィニと李が退団することになった。
マリーンズのフロントも「想定外」だったんじゃないかなぁ…。

昨季の李の成績、117試合出場、打率.260、本塁打30本、82打点。
球団はこの成績を受け、1年契約の出来高込み、年俸2億5千万円で
契約更改に臨んだとのこと。これが不服だったらしい。
しかしよ、5年連続で3割(昨季は.2995やけど)打っている福浦が、
現状維持の1億8千万円だってよ。昨季までの2年契約総額5億円は、
「シーズン56本塁打のアジア記録を持つ」選手に対しての評価。
その評価に2年間で応えられたかと言えば、「?」なんやけど…。

そもそも球団にとっては「優勝」が予期せぬ事態だったのかもねぇ。
こんなに選手側が強気になるなんて、思わなかったんじゃないかなぁ。
セラフィニと李がいないマリーンズ、そんなに戦力ダウンしたとは
思わないけど、チーム内の「和」に若干の影響はあるかもしれない。

今回のもう一つの退団理由は、将来のメジャー移籍を睨む李サイドの
守備に付きたいという希望が受け入れてもらえなかったことだそうな。
だとしたら、もっと安い年俸で「守備位置確約契約」を結べる球団に
移籍する可能性もあるかも。そうなると、欲しい球団はあるのでは?
「大物一塁手」を放出した球団とか…。
[PR]
by fallgoat | 2006-01-13 21:56 | プロ野球:一般


<< 都合がいい話 泣く子と天気には… >>