一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
がんばれサーティーズ!(Part2)
西武が巨人・江藤を獲得 FA豊田の補償選手
 西武は5日、フリーエージェント(FA)宣言して巨人に移籍した豊田清投手(34)の補償選手として、巨人・江藤智内野手(35)の獲得を発表した。背番号は33。
 (中略)
 江藤は「巨人での6年間はいい思い出ばかりだった。西武に行って、少しでも長く野球をやりたいので頑張る」とコメントした。
 人的補償を選んだ西武の伊東勤監督は「右の大砲として期待している。まだ老け込む年ではない。競争してポジションを取ってほしい」との談話を出した。(共同通信)
---
今年も契約更改を済ませ(42%減の推定1億1千万円)、巨人はまだ
江藤を飼い殺しにする気なのか?と思っていたら、この突然の移籍話。
彼のためには良かったと思うけど、まさかこういう形でとはねぇ…。

カープ不動の4番の座を捨てて、意気揚々と巨人へFA移籍したが、
ここ数年は小久保の加入もあって、出場機会も大幅に減っていた。
全盛期を知る者としては、こんなもんじゃないだろうと思っていた。
彼の人柄の良さ(お人よし?)や真面目さが、厳しい勝負の世界、
特に濃いキャラが多い巨人では災いしていたようだったので、
早く巨人から出て、他球団で力を発揮して欲しいと常々考えていた。

そして今日。西武への電撃移籍が発表された。
しかし、普通のトレードではなく、FA選手の補償選手として…。
補償選手として指名されたということは、巨人がプロテクト枠の
28名から外したというわけだ。これはかつての本塁打王にとっては、
屈辱の事実だろう。これでお人よしにも火が着いてくれたらいいが。

西武はフェルナンデスを放出し(楽天が獲得)、右の大砲が不在。
ポジションは、ファーストにはカブレラがいるけど、サードと言えば、
大器晩成・石井義やおかわり君・中村か。まだ彼らと十分競えるはず。
守備が不安なら、パ・リーグには指名打者制度もあるし。

伊東監督の言葉じゃないけど、まだ老け込む年じゃないよ。
プロテクト枠から外した巨人を悔しがらせるような活躍をしようぜい!
これから伸びる可能性は大いにある。頑張れ、35歳!頑張れ、年男!
あ、くれぐれもホークス戦以外での活躍を期待してます。^^;
[PR]
by fallgoat | 2006-01-05 22:14 | プロ野球:一般


<< 上司と部下 今年もお願い! >>