一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
突然過ぎる…
オリックス前監督・仰木彬さんが亡くなられたらしい。まだ70歳。
今季までユニフォームを着て、グラウンドに立っていたわけだから、
あまりにも突然の死。今季終了後に「健康上の理由」で監督の座を
退いていたが、そこまで深刻な状態だったなんて。
この1年間、自らの体をボロボロにしてまで、愛する野球に情熱を
捧げたのだろうか…。

もしかしたら、彼自身は自らの未来を悟っていたのかもしれない。
それでも、球界激震の濁流の中で合併した混成チームを
「率いることが出来るのは仰木さんしかいない」とまで言われて
請われた以上、命を懸けてでもやることを選んだんだろうか。
かつて率いたチームと選手達の窮地を救うために…。

とにかく衝撃的なこのニュース、まだ信じられない。
バファローズのため、球界のため、必要不可欠な存在だったのに…。
ご冥福をお祈り致します。天国から球界を見守り続けていて下さい。
[PR]
by fallgoat | 2005-12-15 23:46 | プロ野球:一般


<< 福岡メシ物語 F-PROJECT、動く >>