一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
F-PROJECT、動く
来季から「東京ヤクルトスワローズ」古田新監督が要望
 プロ野球「ヤクルトスワローズ」が、来季から球団名に本拠地の「東京」を加えて「東京ヤクルトスワローズ」に変更する方針を固めた。多菊善和球団社長が15日、明らかにした。「東京」を加えることで、より地元密着の球団運営を進めることが狙い。古田新監督から要望があり、本社側が承認した。19日に開かれるプロ野球の実行委員会での承認を経て、正式に決まる。(朝日新聞)
---
お、これは歓迎すべきニュースやな。

俺が考えるプロ野球球団の理想形は、やはり地域密着型球団。
たかが球団名とはいえ、自分の住む地域や故郷の名前を冠する球団は
応援したくなるもの。地域全体が一体となって、地元球団を支えて、
育てて、盛り上がれるなんて、実に楽しいことではないか。
野球が分からない人でも、近所の居酒屋で「地元球団が勝てば半額」
なんて言われると、ついつい勝敗が気になって、いつの間にか
応援したくなるのでは…?そういう相乗効果でファンが増えれば、
観客動員数も増えて、赤字体質の球界構造改革にもつながるはず。
黒字決算した今季の東北楽天は、いいモデルケースだと思う。
(もう少し戦力補強にお金をかけてもよかったような気もするが…)

で、今回の「東京ヤクルト」。考えてみれば、東京に住む人々って、
地方出身者が多いこともあって、東京に故郷のような愛着を持つ人って
あまり多くないと思う。親子三代なんて生粋の江戸っ子であっても、
「全国読売巨人軍」に地元球団として愛着を感じる人は少ないのでは?
そんな地元愛に飢えた人々に訴えかければ、圧倒的な人口を誇る分、
盛り上がりも相当なものになる可能性もあるんじゃないかな。
古田新監督、この1~2年続いた球界の混迷で、ファン心情をしっかり
学んだんだろうな。こういう人がフロントに大きな影響を及ぼす位置に
いることは、今後の球界に大いにプラスになると思う。

そういえば、ブログを通じてもヤクルトファンに出会ったことが無い。
ヤクルトファンって、何がきっかけでなったのか、一度聞いてみたいと
思うんだけどなぁ…。来季からは「東京人だから!」と、胸を張って
答えられるんだろうけどね。^^
[PR]
by fallgoat | 2005-12-15 22:07 | プロ野球:一般


<< 突然過ぎる… 負担増時代 >>