一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
頑張れ、ボーダフォン!
昨夜は「危険なアネキ」を見た後(相変わらず「いいお話」やわ…)、
記事に何を書こうかなと考えつつ、他の皆さんのブログを巡ってると、
すっかり夜更かし。しかも、今朝は早く目が覚めてしまったので、
今日はいつもの数倍も眠かった。大した仕事も無かったことだし。
なんとかまぶたを閉じないように踏ん張ったけど、周りの皆さんには
どう見えているやら。気持ち悪いオッサンに見えてなきゃいいが…。--;

そういえば、前の席のN君も、隣の女性も、風邪引いてて苦しそう。
俺は「流行の先端」を行くタイプなので、既に1ヶ月前にかかり済み。
だから大丈夫かとは思うけど、油断大敵。皆さんもご注意下さい。

さて、今日の日経の夕刊トップ記事「携帯12年ぶり参入」。
ソフトバンク、イー・アクセス、アイピーモバイルの3社が認可され、
いよいよ2006年度中にも、携帯電話サービスを始めるらしい。
「ナンバーポータビリティ制度」を睨んで、これから既存3社も含めて
値下げやサービスの競い合いが繰り広げられそう。
中でも気になるのは、やはりソフトバンクか。携帯電話の液晶画面で、
ホークス戦中継なんてことも十分あり得る。そうなったら乗り換え…?
ただ、サービス開始当初は、通話エリアも限られるんやろなぁ。
実家は間違い無く、圏外やわ…。

ちなみに我が携帯はボーダフォン。俺が契約した当時はインターネット
メールが出来る唯一の通信事業者だった。その後「写メール」ブームで
一時は業界2位になったのに、今や青息吐息。現在はシェア16.8%。
それでも、何故か友人や知り合いの方々には、ボーダフォンユーザーが
多いんよなぁ。俺の中ではシェア半分ぐらい。以前の彼女は、色違いの
同一機種で、着信音も同じ設定で、出会った頃はビックリしたっけ…。

「ナンバーポータビリティ制度」導入後も、ボーダフォンのままでと
思ってはいるけど、これと言う決め手に欠けるんよなぁ。愛着だけか。
あの頃の元気を取り戻せ、ボーダフォン!
[PR]
by fallgoat | 2005-11-08 21:21 | 体験したコト


<< もっと頑張れ、ボーダフォン! 暖かい冬になる? >>