一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
2005年度表彰選手発表!
ソフトバンク杉内がMVP受賞!
 パ・リーグで最多勝、最優秀防御率の投手部門2冠に輝いたソフトバンク杉内俊哉投手(25)が4日、シーズンMVPを初受賞した。今季、杉内は26試合に登板し、18勝4敗。防御率2.11と1年間を通じて安定した成績を残した。打撃部門で46本塁打、121打点で2冠だった松中を抑えてのMVP受賞。(日刊スポーツ九州)
---
やったぜ、杉内!おめでとう!
今季の杉内は、本当に1年通して安定したピッチングを見せてくれた。
文句無しの受賞だと思う。昨季の悪夢がいい薬になったのだろうか、
精神的にも一回り大きくなったような気がした。
「左のエース」としての地位を確立した1年だったと言えるかな。
来季以降はこの地位を、更に揺ぎ無い物にするために、他の投手とも
競い合って、磨き合って、大投手への道を築いて行って欲しい。
松中も惜しかったなぁ…。1位票では杉内を上回っていたとはねぇ。

パの新人王は久保(ロ)。2ケタ勝利でマリーンズ躍進を支えた一人。
セのMVPは金本(神)。37歳での初受賞は立派の一言。尊敬します。
新人王は2年目の青木(ヤ)。リーグ初のシーズン200安打、異論無し。

ベストナインは、ホークスから5人(日本一マリーンズからは4人)。
投手・杉内、捕手・城島、一塁・ズレータ、外野・宮地、DH・松中。
その中でも、宮地は本当に嬉しい受賞だろうなぁ。
一度地獄を見た男が、34歳にして掴んだ初栄冠。若かった頃の自分を
はるかに越える活躍には、我々も励まされますわ。本当におめでとう。

他球団では、二塁の堀(ロ)が18年目で初受賞。清峰高校の快進撃、
城島のFA問題、今年の野球界は珍しく長崎県人が賑わせたなぁ。
杉内も「三菱重工長崎」出身だから、この際長崎県人ということに…?
[PR]
by fallgoat | 2005-11-04 19:24 | プロ野球:一般


<< 「文化の日」恒例行事 あれから2年… >>