一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
ブックフェスティバル
今日は天気もまあまあだったし、昨日は完全休養日に充てたこともあり、
運動不足解消も兼ねて、歩くことにした。
飯田橋のロッテリアでエビバーガ―(優勝記念半額セール中)を食べて、
いつものコース・神田神保町方面へ足を進めた。
神保町近辺に着くと、人がワンサカ。あれ、何かやってたっけ…?
確認すると、昨日と今日は「神保町ブックフェスティバル」だったのだ。
「古本まつり」もやっていたらしいけど、俺はすずらん通りの出店へ。
ここには、出版社ごとに分かれたブースがずらりと並んで、難あり本や
古い在庫本やらを安く売っていた。

c0012041_2235252.jpg
この写真は「丸善」のブース。ここでは「丸善ライブラリー」の新書を
通常の半値程度(3冊1,000円→夕方には800円)で売っていた。

俺も張り切って各ブースを回ってみた。掘り出し物っぽい本は何冊か
見つかったけど、残念ながら買うまでには至らなかった。
昨日からやっていたから、いい本はもう売れちゃったのかも。
「山と渓谷社」のブースがあったから、スキーの上達本やDVDでも
安く売ってたらと思ったんだけど…、残念!

でも、タダでは帰らなかった。今日の収穫…。

c0012041_2241160.jpg
「ベースボール・マガジン社」のブースで売っていた、2004年版の
ベースボールカード。通常価格1パック8枚入り210円のところを、
2パック100円で売っていたので、思わず10パックを衝動買い。^^;

おまけに、俺がこのブースを見ていると、隣に入ってきた女性が、
「ホークスのカード無いですか?」と店の人(ベー・マガ社の人?)に
尋ねたのを聞いて、「あ、僕にもお願いします」と便乗してみると、
店の人が探して、斉藤和巳の「2003年防御率1位タイトルカード」を
2人にプレゼントしてくれた。で、女性が「新垣とか無いですか?」と
更にお願いしたので、店の人が「松中なら…」と女性に差し出した。
すると、女性は「あ、これはいいです」と言って、俺に譲られたので、
俺が引き受けることになった。うぅ、信彦…。;_;

ここ何年もこの手のカードは買ってなかったけど、封を切る瞬間って、
ちょっとワクワクして、楽しいもんやねぇ。来季は買ってみようかな。
[PR]
by fallgoat | 2005-10-30 22:04 | 体験したコト


<< 危険なアネキ 秋のソナタ >>