一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
ムードメーカー
田口、松らに戦力外通告
 ソフトバンクは25日、松修康投手(29)田口昌徳捕手(35)中村浩一内野手(25)の3選手に戦力外通告を行ったと発表した。
 中継ぎとして活躍してきた松だが、今季は1軍での登板機会はなかった。
 田口は今季、6試合に出場し、10打数2安打だった。
 中村は今季、1軍の出場機会はなかった。(日刊スポーツ九州)
---
寂しい季節やなぁ…。
また、共に戦ってきた鷹戦士がユニフォームを脱ぐことになった。

中でも驚いたのは、田口。何故だろう…?
的場の成長を受けてのことだと思うけど、この時期の通告とは。
(あくまでも)仮に城島がメジャーに行ったら、正捕手候補の筆頭は
的場だろうけど、的場はシーズンを通して試合に出たことは無い。
長いシーズン、幾度と無く、壁にぶち当たることもあるだろう。
そんな時に頼りになるのは、こういうベテランの存在ではないのか?
試合に出ずとも、ベンチで一言声を掛けるだけでも違うだろうに…。

田口と言えば、控え捕手としての戦力もさることながら、鷹党には
お馴染みのムードメーカー。プレーオフでも、ベンチに戻る選手達に
大きく声を掛けている姿がテレビに映し出されていた。
こういう存在は、試合中のヒット1本以上にチームに貢献していると
思うんやけどなぁ…。若い投手陣をよく守り立ててくれてたし。
「代打・田口」が告げられると、スタンドもひときわ沸いていたっけ。

今後については、現時点では報じられていないが、現役続行ならば、
彼の才能を買ってくれる球団はあるんじゃなかろうか?
ホークスでの活躍、本当にありがとう。そして、彼の未来に幸あれ!

さて、日本シリーズ第3戦。甲子園に移っても、マリーンズの勢いは
止まらない(T 1-10 M)。藤川も打たれ、タイガース打つ手無し…。
3試合連続2ケタなんて、シーズン中はやる方だったけど、まさか、
逆の立場になるとは。このまま終わるのか?猛虎の意地、見せんかい!
[PR]
by fallgoat | 2005-10-25 21:38 | プロ野球:ホークス


<< かもめが翔んだ日 ラッキーホルダー >>