一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
鷹魂
昼休み、鷹党の皆さんのブログを巡ってみた。皆さん、それぞれの思い、
それぞれの文体で、昨日までの2日間を語っている。
悲鳴、ため息、罵声…。
皆さんのこんな声が聞こえてくるかのような文章を次々読み進めるうち、
涙が出そうになった。表現の差こそあれ、苦しい思いは一緒なんだ…。

去年まで、鷹党といえば友人H君(南海時代から!)とY君ぐらいしか
知らなかった。試合の感想を聞こうと思っても、H君に後々尋ねるぐらい。
それが、昨年末にブログを開設して以来、見ず知らずの鷹党の皆さんの
ご意見や思いが瞬時に聞けるようになった。
勝ち試合には喜び、負け試合には悔しがる。
そんな思いを共有している仲間達が全国にたくさんいることを知った。
このことは俺にとって、とても大きな出来事だった。思いを一つにした
仲間達の存在は心強く、俺に更なる「鷹魂」を与えてくれた。
こんなにホークスと真剣に向き合うのは、久しぶりじゃなかろうか。
そんな仲間達が今思うこと。表現の差、思いの方向性は様々だろうけど、
この言葉に集約されるんじゃないかな。

奇跡よ、起これ。

こんなにもたくさんの熱い仲間達が支えているんだ。負けるはずが無い。
思い切って、ドーンとぶつかって来い!

明日ドームに行く人もいれば、テレビの前でメガホン片手に応援する人も
いるだろう。多分、そんな皆さんは激しく声を上げて応援するんだろうな。
俺は静かに祈るよ。俺の奇声を重圧に感じちゃいけないだろうから…。
[PR]
by fallgoat | 2005-10-14 23:57 | プロ野球:ホークス


<< 第3戦、1勝2敗。~奇跡への序章~ 第2戦、0勝2敗。 >>