一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
天国と地獄
先日、このブログで「現行の選挙制度は怖い」と書いた。
「二大政党制」が浸透しつつある昨今、各小選挙区の得票差は僅差でも
この積み重ねによって、気が付けばどちらかの党が圧勝し、敗北した党は
無残にも苦杯をなめることになる。今回は与党が圧勝し、各世論調査でも
「与党は議席を取り過ぎ」と感じる人が過半数を占めるようだ。

しかし、この選挙制度は必ずしも与党に有利に働くものでは無いようだ。
与党が戦略を間違えると、圧倒的勢力だった与党が雪崩式に崩れ落ち、
野党が圧倒的戦力を握り、一気に政権交代が実現することが出来る制度と
いう一面を持っている。現に、カナダでは与党が前回獲得の169議席から
2議席に激減したという例が、今回の選挙関連番組で度々紹介されていた。

一気に圧倒的な勢力を握るか、あるいは惨敗を喫して下野するか…。

昨日と今日、こんな連想を思い浮かべる出来事があった。
昨日からのマリーンズ対ホークス、ペナントレース最後の直接対決4連戦。
ここでホークスが3勝すれば、一気にシーズン1位通過を確定し、
プレーオフでアドバンテージを取る「5ゲーム差」がグッと近付いたのに、
思わぬ連敗…。ヘタしたら、このまま4連敗して、一気に1ゲーム差まで
迫られるのでは…なんて不安までよぎる。;o;

こんな現状では1位通過しても、またプレーオフで苦杯をなめることに…?
あ、ファンが弱気ではいかんね。明日、久々の田之上でこんな淀んだ流れを
変えてもらおう。飛べ飛べ、ホークス!

【激闘!きょうのホークス2行短信】
ロ 5-3 ソ ○渡辺俊 ●和田 S薮田
相手を上回る12安打も、ロッテの集中打に和田撃沈…。松中2連発も空砲。
[PR]
by fallgoat | 2005-09-20 21:46 | プロ野球:一般


<< 改めて思うこの制度 運命を変えた人…? >>