一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
クローズアップ・ボビー
今夜は、NHKで「クローズアップ現代」を見た。
今夜のテーマは「魔法の人材活用術~ロッテ・バレンタイン監督」。
以前も似たような特集をやっていたニュース番組について記したが、
今夜の番組はテーマそのものになっていた分、より詳しく伝えてくれた。
欲を言えば、もう少し早い時期に放送してもらった方がよかったかと…。--;

で、この番組で紹介していた「術」は、こんな感じ。

 ・ミスをしても叱らない
  シーズン序盤、薮田が打たれて負けた試合。試合終了後、沈む薮田に
  ボビーが「これからもこんな場面でどんどん使うぞ」と声を掛けた。
  これを意気に感じて、今年の活躍につながったのだとか。

 ・日替わりオーダー
  「昨日までの結果は関係ない。今日状態がいい選手を使う」とボビー。
  例として、前日猛打賞の西岡がスタメンから外れ、「もっと活躍して
  毎日起用されるようになる」と奮起した西岡。現に休養明けの試合の
  打率は5割近いのだとか。

 ・喜怒哀楽をコントロール
  試合中、点を重ねても笑わぬボビー。これには「私が笑うとメンバーは
  試合が決まったと錯覚する」との理由が。微妙な判定には、猛抗議で
  怒りを前面に出す。この姿に選手達は、一層やる気になるんだとか。

 ・ベテランも適材適所に
  今年敗戦処理が主な役割の小宮山。「チームが勝つために」とボビーが
  説得してこの役割を任せている。若手に敗戦処理をやらせるぐらいなら
  ファームで投げた方が本人になるし、何よりこんな役割なのに、毎日
  ブルペンで投げ続けるベテランに、救援陣は思いを強くするのだとか。

この番組には、野球とは無縁のローソンの社長がゲストに招かれていた。
確かに、これらのことは野球に限らず、ビジネス界でも生かせるようなこと。
(現にボビーは、企業を対象とする講演に引っ張りだこらしい)
この社長も「なかなか出来ないこと」と賞賛していた。
そうあろうと思っても、いざその場で指揮を取ろうとすると、つい感情的に
なったり、同じ過ちを繰り返したりするんだろうね。ボビーはただの陽気な
オッサンでは無いんやね。ちゃんと結果を出しつつあるし。
我が社の指揮官は…、うーむ…、「ボビー・オロゴン」並みの人ならば?

※ 「見逃したー」という方は、今夜23時55分からBS2で再放送します。
[PR]
by fallgoat | 2005-07-21 20:57 | プロ野球:一般


<< 愛する九州へ… 深呼吸も必要 >>