一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
スコール…
今日、職場復帰後初めて、会社で涙を流してしまった。計らずも自席で…。

残業禁止のはずが、今日も残って仕事をしていた。そんな中、ある事実に気付いて、
上司の元に報告に行った。すると、この事実によって、予算が通らなくなるかも、
という話になってきた。それは、俺が誤った数字を計画書に書き込んでいたこと
だったのだが、俺はこのことが俺の勘違いで生じた可能性が高いと感じた。
そして「この数字の根拠は何だ?」と上司に言われて、自席で机を探っていると、
「俺の責任でこの予算が通らなくなるのか…」という思いが、頭の中を支配して、
そのうちパニックに襲われて、いつの間にか涙と鼻水が止まらなくなってしまった。

その後、どれがどれだか分からなくなったので、持っていた書類一式を上司に渡し、
一人トイレにこもった。落ち着いた後(両目は真っ赤だったが)、自席に戻ると、
上司が「ちょっと一緒に来てくれ」と言われて、二人で休憩所へ。

上司から缶コーヒーをおごって貰って、2人で向かい合わせに座った。そして、
「何でも自分のせいと思うな」とか「過ぎたことを後悔せずに前向きに行こう」と
言われた。この上司、大阪時代も上司だった時期があったのだが、その時の印象は
正直、イマイチだった。しかし、今日「本当はいい人なんや…」としみじみ思った。
この上司もちょっと心のバランスを崩した時期があったらしい。体験に基づいての
言葉なので、分かっているつもりのこんな言葉も重く感じられる。
「自信を持つべし。何か続けられることがあれば自信につながる」とも言われた。
このブログ、もう半年近くも休まずに続けているのだが…。--;

それにしても、職場復帰して1ヶ月半経った今でも、俺の心中はまだちょっとした
きっかけで、コントロールできない領域に行ってしまうんやなぁ。
土曜日に思いっきり、ストレス発散してきたつもりだったのだが。
まだまだ焦らず、じっくりこの病気と付き合って行かんといかんのやろな…。

そんなことを書いていたら、H君から明晩のお誘いの電話が。二つ返事で了解。
この模様はまた明日のブログで…。
[PR]
by fallgoat | 2005-06-06 23:39 | 体験したコト


<< 世の中、そんなに甘くない もう一つの戦い? >>