一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
もう一つの戦い?
今日は、昨日の応援疲れで、一日のほとんどを家で費やした。歳には勝てんか…?

で、昨日は、今季ホークス戦2試合目(プロ野球公式戦3試合目)を観て来た。
東京ドームでの「巨人vsソフトバンク」。お馴染み格さんと友人H君との3人で。
既に入場券は各人で持っていたので、待ち合わせることなく、ばらばらにドームへ。
俺は16時40分頃にドームに入った。レフト側外野指定席には、既に格さんがいた。
せっかく早めに来たので、グラウンドに近付いて、練習中のホークスナインを
望遠3倍のデジカメを駆使して撮影したのだが、後で見たらブレまくり…。;_;
やっぱり「手ブレ補正」付きにすればよかった…。

先発はホークス和田、ジャイアンツ野間口。野間口を見に、社会人時代の恩師・
野村克也シダックス監督も球場に来ていたらしい。18時の試合開始時刻を迎えて、
ようやくH君が俺の隣の席にやって来た。外では突然の雷雨が降ったようで、
滑りやすい靴を履いていたから遅れたそうな。シートの端からH君、俺、格さんの
順に座った。H君の席から向かって右はレフト~ライトスタンドまで巨人ファン。

c0012041_18485214.jpgc0012041_18492232.jpg

試合は両投手、立ち上がりは無難。しかし、2回裏に最初のヤマがやって来た。
巨人の攻撃は一死後、3連続四球で一死満塁…。おいおい、どうなってるんやー!
バッターは今年初打席の8番山田。俺もあまり知らない選手だが、体脂肪率は
一桁らしい(日刊スポーツ名鑑情報)。この山田がファールで粘る粘る。
挙句にカウントもフルカウントに。またかー?なんて考えもよぎった11球目。
打球はピッチャーを抜けてセンター方向へ!一瞬ドキッとしたが、セカンド稲嶺が
回り込んで、見事併殺完成!沸きに沸くホークスファン。結果的に、このプレーが
試合の分かれ目になったようだ。



そして、ピンチの後の3回表。先頭の稲嶺がヒット、和田が送り、大村のバントを
清原がポロリ。大村盗塁後の一死2・3塁から、川崎の犠飛でホークス先制!
4回には松中の滞空時間の長いソロホームラン。
5回には先頭の稲嶺が2塁打で出て、また和田が上手く送って、大村がタイムリー。
ランナーが1人残って、バティスタの弾丸弾がレフトスタンドへ突き刺さる!
これで5対0となった。これは楽勝ペースか?

一方の和田は3回から尻上がりに良くなって、4回以降は四死球も無くなり、
気が付けば、5回までノーヒット。序盤の満塁からは想像も付かないが…。
しかし、6回一死後、二岡のサードへの弱い当たりをバティスタが軽くさばいて、
ボールをファーストへ…これがセーフ。バティスタが一歩前で取ってればなぁ…。
その直後のローズが大きなホームラン。結果的にこの2安打だけだったので、
やはり二岡の打球が…なんて、後からも思ってしまった。

その後、ホークスはランナーを出すも追加得点ならず。和田は8回に四球と暴投で
ランナーを2塁に進めた時点で、前日に収穫があった馬原がリリーフとして登場。
この馬原が見事な火消しを見せる。結局、9回までパーフェクトピッチングを続け、
プロ入り初セーブ。まさに快勝だった。^o^ 試合結果をまとめると、こんな感じ。

  ソフバン 0 0 1 1 3 0 0 0 0 - 5
  巨 人  0 0 0 0 0 2 0 0 0 - 2
  【勝】和田(6勝4敗) 【敗】野間口(2勝2敗) 【S】馬原(2勝4敗1S)
  【本】松中23号、バティスタ12号、ローズ13号

c0012041_18511283.jpgc0012041_18512746.jpg

試合はこんな感じだったのだが、実はレフトスタンドでは、もう一つの戦いが…?

俺とH君とで観戦すると、二人してよく叫んでいる。この日も同様。
最初は普通に「大村ー!」とか「宗リーン!(男声でゴメン)」とか叫んでいたが、
「キ・ヨ・ハ・ラ!」と連呼する巨人の応援を聞いて、H君が「マ・ツ・ナ・カ!」
と始めてから、だんだんおかしくなってきた。^^;
その後はH君が「城島健司選手、頑張れー」とか「フルネーム応援」をし出すと、
俺ももっと声を上げて「ノブー!(ヒコは略)」等と叫んで対抗(?)する。
ズレータの打席、ひねくれ者の俺は、「フリオー!」とファーストネームの方を
叫ぶのだが、中盤からすぐ近くで「フリオー!」と叫ぶ声が聞こえ出した。
その声の主は、格さんの隣に座る特注(?)の特大黄色メガホンで叫ぶお兄さん。
仮にX氏としよう。これは明らかに彼に意識されている…。^^;
それから、X氏の叫び声は連係プレー(?)に移行してきた。例えば、こんな感じ。

 俺 「フリオー!」
 X氏「ズレーター!」
 H君「頑張れー!」

断っときますが、何の打ち合わせもしてないんやけどね…。周囲も謎の応援団に
気付いてきた様子。俺は気付かなかったが、H君はG党の視線も感じたらしい…。
終盤には、H君はPRIDEの応援で身に付けた「連呼型応援」を披露し始めた。
「稲嶺稲嶺稲嶺稲嶺稲嶺ー!」という感じ。これには俺も周囲の視線を感じた。
すると、バッター大村の時、

 H君「大村大村大村大村大村ー!」
 X氏「直之直之直之直之直之直之ー!」

これには周囲の爆笑を感じた。俺もひっくり返って笑った。^o^;
断っときますが、X氏とは9回になって、初めてお互いの顔を知った仲です。
最後には、X氏が「川崎君頑張ってー!」と、高い裏声(女性ファンのつもり)で
叫んだため、俺も対抗して「宗リーン!」と低くしたオッサン声で叫んだが、
H君がX氏の裏声にKOされて、後を継げず、ここで勝負あった(?)。
前の席にいたチビッ子、そしてお父さん、お母さん、驚かせてゴメンなさいです…。

そんな感じで、非常に楽しく試合を見せてもらった。これで、今年の俺の交流戦
観戦は終わりかな。前回のヤクルト戦でも書いたけど、本当に交流戦は楽しい。
ホークスを応援していて、ビジターでもこんなに敵チームのファンが多い中を
応援するなんて無かったし、セ・リーグ主催試合の雰囲気も改めて身近に感じたし。
来年以降も、この試みは大いに支持され続けるだろう。ある球団の人気はともかく、
プロ野球人気もきっと復活のベクトルを描くと信じたい。交流戦、万々歳!

【激闘!きょうのホークス2行短信】
巨 1-4 ソ ○田之上 ●高橋尚 S吉武
田之上、一昨年以来○!大村、9回貴重な2点打!城島、衝撃敬遠時盗塁!三瀬は心配…。
[PR]
by fallgoat | 2005-06-05 18:53 | プロ野球:ホークス


<< スコール… きょうのにゃんこ >>