一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
交流戦賛歌
昨日の続き。

そして、午後からは神宮球場へ…。このブログでお馴染みの格さんと待ち合わせた。
練習も見たい2人は、16時に待ち合わせたが、まだ六大学野球の試合中で、中から
ブラスバンドの演奏音が聞こえる。そっか、さすが神宮球場。

試合終了のサイレンが鳴り、16時半頃に開門。我々はネット裏2階指定席へ向かう。
球場に入った途端に「ヤクルト」をサービスでもらった。さすがはヤクルト主催ゲーム。
席に着くや、格さんはホークスの練習を間近で見るために1階席へダッシュ。
俺は「え、いいの?」と思ったが、どうしたら1階席に行けるか「?」だったので、
そのまま2階席で双眼鏡やカメラを持って、ホークスナインの挙動を見つめていた。
途中、売店で「セ・パ交流戦公式プログラム(スワローズ版)」を買ったりして。
(スワローズの無料広報誌、「Ondo(オンド=音頭)」って言うんやね…^^)

そして、松中と宮本の交流戦への選手宣誓が行われて、いよいよ試合開始。
先発はホークス新垣、スワローズ川島。川島…、名前は聞くけど、どんな投手?--;

c0012041_12203883.jpgc0012041_12205767.jpg

3回までは両軍無得点。両軍合わせてヒットは大村の一本だけ。これは投手戦か?
と思ったら、4回表2死から城島の詰まり気味の打球がレフトスタンドへ!
打った瞬間は「お、いい当たり!」と思ったが、スタンドまで届くとは。
これぞ、交流戦ならではの「神宮弾」ってヤツでしょうか。「広島弾」も期待♪

しかし、4回裏から怪しい空気が。ボール先行の展開も悪いなりに抑えていた新垣が
連打を浴び、2死一・二塁から鈴木健にタイムリーを浴びる。うーむ、振り出しか。
でも、名物「傘踊り」が見れたので、この1点は許すか…?



5回表、先頭打者でヒットを放ったカブレラを本間が送り、新垣が0-3から三振し
(計算通り?)、トップに帰って柴原がタイムリー!これでまた1点勝ち越し!

その裏、先頭の土橋の打球がレフトへ上がる…。レフトは「交流戦特別企画」松中!
3塁側とレフトスタンドのファンが沸く。そして、松中は無難にキャッチ。
すると、何てこと無いシチュエーションのアウトにもかかわらず、ホークスファンは
どっと沸きかえる。「ま、松中が、取ったぁー!」そこで、1死なのにスタンドから
「ノブヒコ」コールが…。照れながら手を挙げて答える松中に、また拍手が…。
微笑ましい光景ではあったが、「赤ちゃんが立った」わけでも無いのにね…。^^;

しかし、1死から小野が四球で出て、川島が送った後、これもトップに帰って宮本が
タイムリーを放って追いつく。また、振り出しかよっ!

5回が終わって2-2。グラウンド整備の時間に、神宮では何をやるんだろう…と
思ったら、何も無し…。ライトスタンド前で「つば九郎」達が顔見せして終わり。
アッサリしたものだった。日本ハム主催試合ばかり見てきた俺はYMCAが無いと
寂しいなー。

6回は両軍無得点(スワローズは2人出てヒヤヒヤしたが)、そして7回を迎えた。
先頭ズレータがレフト線を破る2塁打!続くカブレラもセンターへヒットを放つ。
本間が凡退で1死一・三塁。次は新垣。相変わらずボール先行の投球内容だったので
代打かなと思ったが、案の定。代打・井出が告げられる。
すると、ズバリ的中。井出がライト線へタイムリー2塁打!移籍後初仕事だぁー!^o^
続く柴原のボテボテの当たりをファースト鈴木健が本塁へフィルダースチョイスして
4-2!終盤で2点勝ち越し!これはいけるぞぉー!

7回裏開始前に「東京音頭」が流れて、投手は岡本にスイッチ。ユウイチに2塁打を
放たれるも、無難に抑える。

そして、思わぬ興奮が我々を待っていた。8回、スワローズ2点ビハインドの場面で、
マウンドには五十嵐亮太!これには敵味方無く沸いた。ホークスは松中からの打線。
これぞ交流戦!今まで絶対に見ることの無かった真剣勝負が実現する。力と力の勝負!
そして、五十嵐は先頭の4番松中、5番城島を150km/h級のストレートで詰まらせる。
続くは怪力・ズレータ。これぞ力と力!ズレータに対しては、五十嵐は全球速球勝負。
最後はあのズレータが、154km/hの渾身のストレートに押されてライトフライ。
この勝負には、球場全体が大拍手。繰り返すけど、これぞ交流戦!
この勝負だけでもお金払って来たかいがあると言うもの。しびれたー!

で、試合は8回は神内、9回は三瀬が無難に抑え、4-2でホークスが交流戦開幕戦を
飾った。スワローズは古田がいれば…って感じもしたが、十分楽しませてもらった。
まとめると、こんな試合。

  ソフバン 0 0 0 1 1 0 2 0 0 - 4
  ヤクルト 0 0 0 1 1 0 0 0 0 - 2
  【勝】新垣(3勝2敗) 【敗】川島(1勝2敗) 【S】三瀬(2勝12S)
  【本】城島9号

c0012041_12222578.jpg

試合終了後、格さんが試合前の練習ウォッチングで知り合ったという女性を交えて、
3人でファミレスに行ってホークス談義。この女性、この日の試合を観るだけのために、
なんと一人で島根から来られたのだと!彼女は和田ファンらしく、前日の和田の登板が
雨で流れたことで「スライドか?」と考えて、当日朝の飛行機で来られたそうで…。
しかもキャンプまで行かれたという筋金入りのファン。
いやー、格さんや彼女の会話を聞くと、俺のホークスに対する情熱はヒヨっ子ですな。
まずはCSに加入して、毎晩テレビの前に正座して見るようにならないと…。--;

それにしても、交流戦は楽しい!前述の五十嵐vs鷹打線なんて、夢の対決が見れるし、
今まであまり知らなかったセ・リーグの選手達の魅力も自然に憶えることが出来る。
お互いのデータもあまり無い状態だろうから、純粋な真剣勝負の雰囲気が伝わってくる。
今のところ、いい所ばかりが思い浮かぶ。神宮で「他球場の速報」が表示されたら、
「え、この試合どんな展開なんだろう」と全試合のことがつい気になってしまうぐらい。

交流戦、バンザイ!
[PR]
by fallgoat | 2005-05-08 12:22 | プロ野球:ホークス


<< 1週間で2人? 夜も更けたので… >>