一歩一歩 ミライへ 進むのだ。
新たなる日々への一歩
新調の春物スーツではちょっと肌寒かった今日、4月18日。
昨年10月4日以来、半年ぶりに職場への復帰を果たした。

今朝は、通常勤務時よりも30分早く起きた。
休養時とは違う、いつもの「起きたくない感じ」が蘇ってきた。
思ったよりも緊張していない。というよりも、朝の支度を進めることに精一杯。
地下鉄に乗っても、緊張感は無かった。予行演習の成果か、「いつもの朝」だった。

そして、俺の部署が入るフロアに着いた。ドア越しに見慣れていた顔が見える。
ドアを開ける瞬間は、さすがにいつもの感じではなかった。胸の鼓動を感じた。
中へ入ると、下向き加減で部長の机に向かった。
そして、朝の挨拶と詫びの言葉を述べて、頭を下げた。部長は笑顔で迎えてくれた。
その後、本部長や他部署の部長の元へ誘導して頂いて、そこでも同様に頭を下げた。
挨拶を一通り済ませると、かなり平常心を取り戻すことができた。
その後は、部長と新しく直属の上司となる次長(以前から面識あり)との三人で、
俺のこれからの職務の説明を受けた。しかし、まず慣れることを第一に考えて頂き、
今日のところは身の回りの整理に終始した。
提出書類の作成や、半年間に来たメール(約1,500通!)の整理等…。
そして、定時を告げるチャイムが鳴ると、俺はすぐ帰路に着いた。
当分はこのように、定時退社を続けることになる。

人生の中でも大きな出来事の一つになるだろう今日が無事に終わろうとしている。
今日を迎えるにあたって、友人知人や両親、親戚、カウンセラー、心療内科の先生、
そして当ブログに訪問頂いている皆さんに、たくさんの励ましの言葉を頂いた。
本当に皆さんに感謝している。心から「ありがとう」の気持ちを伝えたい。
皆さんから大きな勇気を頂いて、今日にこぎつけることが出来た。
この気持ちを抱いて、決して無理をしないよう一歩一歩進んで行けたらと思う。

そんな今日、残念に思う出来事があった。
よき先輩、よき遊び仲間のMさんが4月1日付けで関連会社に出向されていて、
会うことが難しくなったという事実を知ったことだった。積もる話もあったのだが。
Mさーん!また近々どこかへ遊びに行きましょう!よろしくお願いします。

【激闘!きょうのホークス2行短信】
ソ 2-0 オ ○杉内 ●ケビン S三瀬
首位返り咲き!杉内-吉武-三瀬の鉄壁リレーをズレータ、バティスタの一発で援護。
[PR]
by fallgoat | 2005-04-18 21:39 | 体験したコト


<< 理想と現実 明日へ >>